フリーランス必見!募集と採用アドバイス

Webデザイナーはフリーランスになる前の職場のつながりを大切に

職種別に見る!フリーランスのお仕事事情

フリーランスのWebデザイナーとして成功する方法

フリーランスのWebデザイナーとして成功する方法 成功するフリーランスWebデザイナーの特徴

フリーランスで働くWebデザイナーが成功するためには、継続的に安定した仕事量を確保できるかどうかがポイントになります。成功しているフリーランスWebデザイナーは、お得意様的なクライアントを複数もっています。

会社を辞めるときは、円満退社

Webデザイナーとして独立する際、勤務先の会社を円満に退職できるかどうかが、その後の成功に影響します。辞めるのだからと砂をかけるように去ってしまったり、会社側の都合を考えずに迷惑をかけるような辞め方をしてしまうと、退職後にその会社から仕事をもらえることはまずないでしょう。これからフリーランスになる人の中には、今いる会社から独立後に仕事をもらうということ自体がピンとこないという人もいるかもしれません。しかし、独立直前に勤めていた会社は、フリーランスになりたての人にとってもっとも近いクライアント候補だといえるでしょう。フリーランスになったばかりで、フリーランスとしての実績もなく、見ず知らずのあなたに仕事を依頼してくれるクライアントを探して仕事をとってくることは、想像している以上に苦労するものです。
成功しているWebデザイナーの多くは、円満退社をしています。円満退社することによって、勤めていた会社から仕事をもらえることも多いのです。それがフリーランスWebデザイナーとしての実績となり、クライアントの拡大にも役に立つことがよくあります。

複数の依頼元を確保する

フリーランスで仕事をしていると、依頼元が1ヵ所しかないようでは色々な意味で安定しません。そのクライアントが、いつまでも同じ条件で仕事を発注してくれるという保障はどこにもないのです。他にあなたよりもコストパフォーマンスの良いWEBデザイナーを見つけたらそちらに仕事が流れても何の不思議もありません。依頼元自体が経営不振に陥ることも珍しくはありません。クライアントが1ヵ所しかない場合、フリーランスでありながらもその1社に依存してしまうことになります。たとえば、納期や値段交渉など無理をいわれるような場合、そこから仕事がもらえなかったらどうしようという不安が先立つことによって、無理を聞き入れてでも仕事を請けようとしてしまいます。そのような悪循環を避けるためにも、依頼元は複数確保するよう、努力しましょう。

依頼元が数社あっても、不安定なのがフリーランス

フリーランスとは、不安定な働き方であることは確かな事実です。複数の依頼元を確保していても、タイミングや様々な要素によって、思うように仕事がとれない時期というのもあるものです。逆に、複数の依頼が重なり、自分ひとりでこなせる仕事量を超え、せっかくの依頼を断らざるを得ないこともあるでしょう。依頼元を複数確保しつつ、自分自身がひとりでこなせる仕事のボリュームを正確に把握し、継続的に仕事をできる環境を整える努力をすることが大切です。

PV数の多いサブテーマ

ページトップへ

Copyright © 2014 フリーランス必見!募集と採用アドバイス All Rights Reserved.