フリーランス必見!募集と採用アドバイス

まずブログから!未経験からフリーランスライターになるには

職種別に見る!フリーランスのお仕事事情

未経験からフリーランスライターになる方法

未経験からフリーランスライターになる方法 文章を書く鍛錬を行う事が重要である

ライターの未経験者の場合は、最初に行っておく事として文章を書く練習を行う事が必須です。予め求められているテーマに従って自分の考えを纏めて、文章を他の人に伝えるように書く意識を持つ事が大切です。
文章に書き慣れて行くと、次第に質の良い文章が出来上がりやすくなって、他の人が書いた文章を読んだ時に納得した文章が作れるようになります。とにかく文書を量産して、起承転結を意識しながら書くと良い文章が出来上がって、ブログを立ち上げたときに関心を持つ人が多くなります。文章を書く鍛錬をつけるために、自分の思いだけではなかなか伝わらないので、日頃から感じた事を箇条書きにしたり、新聞や本などを読んでおくことも文章を書く鍛錬になります。

インタビューを介しての記事起こしに挑戦する

最近、フリーライターの需要がある仕事として、他の人がインタビューをして、聞いた内容に沿って記事起こしの作業をする仕事があります。仕事に慣れてくれば、自ら他の人にインタービューをして、インタビューをした結果を記事に纏める記事起こしの内容の仕事を任される場合もあります。最初のうちは、他の人が行っている仕事の真似をしながら記事起こしをして行きます。しかし、仕事の数をこなせば自主的にインタビューが出来るようになって、仕事の能力がついてきます。

多くのクラウドソーシングのサイトで仕事の経験を積み重ねる

最近は、ランサーズやクラウドワークスなどで提供している文書作成の仕事があります。仕事の内容として、基本的に提示しているテーマに沿って、正確な情報を遵守しながら自分の考えを文章の形として纏めて行く仕事です。
基本的には美容や健康などの一般的な生活などに関するテーマに関して、オリジナルの文章をサイト上で作成をします。一般的な生活などのテーマの単価は、1記事当たり100円から200円が相場です。専門的な内容を必要とする記事や難しい内容を作成する記事に関しては、一文字あたり1円という高単価で請け負う事も可能です。

外部に投稿する仕事とライター以外の仕事も考える

クラウドソーシングのサイトなどで文書作成の練習をして、文章にある程度自身が付いた場合に、サイト以外の寄稿も考えてみると良いでしょう。最近は、ガジェット通信やロケットニュース24などの外部のサイトに直接応募して、ライターとして文章を請け負う事ができます。ライターに応募する場合に募集しているかどうかを聞いて、文章作成の依頼を請け負う事で、高収入を得る事も可能です。
文書作成などのライターの仕事は、基本的に単価で報酬をもらう仕組みになっていて、ライターだけで食べて行く事は至難の業です。従って、稼ぐ事のできるブログを作ったり、書籍などの執筆を請け負ったり、講演会で講演をする仕事を請け負うなどの様々なビジネスの仕事を請け負う事が大事です。楽しくライターをする気分で、仕事を請け負う事で長く続けられる職業です。

PV数の多いサブテーマ

ページトップへ

Copyright © 2014 フリーランス必見!募集と採用アドバイス All Rights Reserved.