フリーランス必見!募集と採用アドバイス

文章能力を鍛えるにはインタビューで特訓!フリーランスのライターになるには

職種別に見る!フリーランスのお仕事事情

フリーランスライターになるための文章能力鍛える方法

フリーランスライターになるための文章能力鍛える方法 ネットに出回っている文章力アップ方法は間違いだらけ?

最近では、「フリーランスライター」を目指す方がとても増えています。フリーランスライターの仕事は、簡単に言えばクライアントの依頼を受けて記事を執筆することです。会社が定めるスケジュールに沿って行動しなければならない一般的な勤務形態と違い、自分のペースで働ける自由度が魅力的。本業と兼任することも可能なので、年収アップのために副業としてフリーランスライターの業務に携わっている方も少なくありません。
しかし、フリーランスライターになるために文章力を高める方法をインターネットで調べてみると、実に多くのブログで眉唾物の情報が公開されていることに驚かされます。それらのデマと照らし合わせながら、真に実力のあるライターになるために必要な文章力トレーニング方法について考えていきましょう。

トレーニング方法1:参考文献を読むべし!

「文章力を上げたければ、ひたすら文章を書け」と提唱する意見が多く見受けられます。確かに練習しなければうまくならないのは当たり前の話です。しかし、ただ数をこなすだけでスキルが上がると思うのは大きな間違いです。スポーツの世界でもアスリートが専属のコーチを付けてアドバイスをもらいながら練習しているように、手本となる指針が無ければどんな練習も徒労で終わってしまいます。
文章力を効率的に上げたいのなら、具体的な執筆テクニックが紹介されている参考文献を読んで勉強することが大切です。人を魅了するプロの文筆家の技法は、初心者にとって何よりの手本となります。

トレーニング方法2:実戦でスキルを磨け!

記事は人に読んでもらってこそ価値を発揮します。実際にクライアントから依頼を請け負い、お金をもらって記事を書いてみることが重要です。
「クラウドソーシングサイトやライター募集サイトに投稿してみよう」という意見が主流になっていますが、これはあまりお勧めできない方法です。顔も分からないライターに高単価で仕事を依頼する物好きなクライアントはまずいません。1文字0.1円程度の報酬で仕事を設定される可能性が高いです。完成まで長時間かかる割に収入は少なく、奴隷のように扱われてしまいます。
単に実績を上げるためというなら別に構いませんが、報酬との兼ね合いを考慮するなら雑誌の編集者に営業の売り込みをかけるのがベストです。自分がどんな分野の記事を書けるのか、サンプル作品を持ち込んで仕事の交渉を行ってみましょう。最近は出版業界も不況でライターのギャラが低下傾向にあるので、その依頼が自分にとって割に合うものなのか、よく考えながら仕事を受注することが大切です。

トレーニング方法3:インタビューで特訓せよ!

ライターにとって、取材は不可欠なイベントです。取材相手のインタビュー記事を執筆する機会に備えて、インタビューで文章力をアップさせる方法がお勧めです。
ただし、「ひたすら数をこなしてインタビューに慣れよう」という安易な考えでは不足です。インタビューはテープの書き起こしと違って、人間を相手にするコミュニケーションスキルを必要とします。
まずは、取材相手の情報を事前に調査しておきましょう。インタビューは自分の知りたいことを尋ねる作業ですが、本当に何も知らなかったら相手にバカにされてしまいます。最低限のプロフィールぐらいは頭に叩き込んでおく必要があります。
次に、取材のコンセプトを理解しておきましょう。どんな記事を書くのか決めておけば質問すべき事柄を設定しやすくなり、インタビューをスムーズに進められるようになります。質問内容をある程度事前に整理しておくのも礼儀です。
そして、インタビューを実際に記事におこす際は、自分の「感動」を中心に書き進めましょう。録音した内容をそのまま書き起こす手法もありますが、インタビュー中に自分が抱いた感想を素直に記述した方が、読者の共感を得られやすくなります。

PV数の多いサブテーマ

ページトップへ

Copyright © 2014 フリーランス必見!募集と採用アドバイス All Rights Reserved.