フリーランス必見!募集と採用アドバイス

人気のフリーライター。フリーランスのライターになるための役立つ情報をご紹介

職種別に見る!フリーランスのお仕事事情

フリーランスのライターになるには

フリーランスのライターになるには

フリーランスの職種の中でも、文章作成・記事おこし、ネーミングやコピーライティングなどをするライターが人気です。従来は雑誌などの紙面媒体がメインのワークシーンでしたが、インターネット普及によってWEBライティングの仕事が急増しました。フリーランスライターを目指す人のお役立ち情報を紹介します。

フリーランスのライターになるには の記事一覧

未経験からフリーランスライターになる方法

未経験からフリーランスライターになる方法

フリーライターになるためには、まず文書力をつける事が大事で、新聞などの様々な情報媒体を駆使して自分の思いを書けるように鍛錬します。仕事に慣れてきたら、インタビューでの記事起こしを行ったり、クラウドソーシングなどのサイトを利用して、実際にインターネット上で仕事を請け負いながら文書力をつける事が大切です。また、インターネット上のサイトでの記事作成だけでは食べていけないです。ある程度文書力に自信を持ったら、ガジェット通信などの外部のサイトにライターとして直接応募して、高単価の記事を請け負う姿勢が大切です。

フリーランスライターになるための文章能力鍛える方法

フリーランスライターになるための文章能力鍛える方法

フリーランスライターになるためには、読者の関心を集められるだけの卓越した文章力を身につけることが不可欠です。インターネット上には文章力アップに役立つと謳う情報がまことしやかに出回っていますが、その大半はデマカセです。単に数をこなすだけでうまい文章が書けるようになるほどスキルアップは簡単ではありません。
文章力が優れているプロの物書きの技法を学び、実戦の中で自分の感性を磨いていくことが大切です。とりわけ、インタビューは最高の練習になります。執筆すべき記事のテーマに沿った話題を相手から引き出す訓練を積めば、思わず読みたくなるような魅力的な記事を書けるようになります。

ライターにおすすめの書籍「伝わる・揺さぶる!文章を書く」

ライターにおすすめの書籍「伝わる・揺さぶる!文章を書く」

ライターが書く文章というと、ライターからの情報提供のように思われています。しかし文章を書くことは一方通行の作業でしょうか?あなたが本の読み手だとしたら、文章を読んだときに必ず何かの感想を抱くでしょう。つまりライターの作業はコミュニケーションなのです。従ってライターに必要な力はコミュニケーションに必要な力でもあります。7つの視点を取り上げ、具体的に説明した作品が「伝わる・揺さぶる!文章を書く」です。コミュニケーションに必要なことは、自分自身と相手を知ること、その必要性を怖いまでに感じる作品でもあります。

PV数の多いサブテーマ

ページトップへ

Copyright © 2014 フリーランス必見!募集と採用アドバイス All Rights Reserved.