フリーランス必見!募集と採用アドバイス

エンジニアとして独立し、さらに成長するためのポイント

職種別に見る!フリーランスのお仕事事情

フリーランスのエンジニアとして成長するために

フリーランスのエンジニアとして成長するために 自己投資により成長し続けるフリーランスエンジニアに
自分の好きなように時間を使いながら自分の能力を最大限に活用し仕事を行うことができるのが、フリーランスエンジニアという働き方の最大の魅力です。この「自由」をどう配分するかで先々の成長に大きな差がつきます。すべての時間を具体的な業務や作業に使うこともできますが、それを続けていくと、自身のスキルアップを図ることができません。フリーランスエンジニアは一定の時間と費用を自己投資に回すことで、さらなる活躍につながっていきます。

自己投資の費用の目安

会社勤めであれば、定期的に開催されている社内研修への参加や会社の負担で社外のセミナーに参加により、自己負担をせずに教育を受けることができるかと思います。しかしフリーランスになれば、当然のことながら、これらの費用も自己負担となるため、ともすれば参加を躊躇してしまいがちです。これを回避するための考え方のひとつが、年間を通して、あらかじめスキルアップにかける費用の予算化です。
フリーランスの場合は収入が不安定であることもあり、どの程度の予算を組めばよいのかわからない人も多いでしょう。フリーランスエンジニアが自身のスキルアップ費用を予算化する際は、金額を固定するのではなく、収入に対する割合を決めておくと良いでしょう。稼ぎのうち20%はスキルアップ費用に使うと決め、その金額を参考書類や業界雑誌を購入したり、セミナーに参加するなどスキルアップにつながる経費に回します。
エンジニアのスキルアップと言うと技術分野に偏りがちですが、フリーランスとしてのスキルアップも忘れてはいけません。顧客や顧客のシステムを活用しているユーザーが属している業界の動向、自身が関わっているシステムがカバーしている領域・分野など、技術の提供先に視野を広げた情報収集を行っていくことも一つの方向性です。また、顧客が中小企業であれば、システムにとどまらず業務改善や企業経営も含めたコンサルテ―ションもできるような専門知識等を図ることも考えられます。マーケティング理論やマネジメント理論を学ぶこともスキルアップのひとつです。範囲を広げれば、学ぶべきことはたくさん見えてきます。

時間の確保・創出

フリーランスとして働きだすと、ついつい気付くとすべての時間を仕事に充当してしまいがちです。ある商社では、新事業創出を目指して、勤務時間の2割を担当業務以外に使える仕組みを一部部門で導入したという報道がありますが、フリーランスエンジニアもこのように強制的に自己研鑚に回す時間を確保することが重要です。
もちろんこの時間は、セミナーの聴講時間といった実質的に勉強している時間に限定されず、他社の方との交流を図る時間など、少し広い概念で考える方がよいでしょう。特に、人と会うことは、単に新しい情報を得るということにとどまらず、いろいろと刺激を受けることもありますし、リフレッシュといったこともあります。さらに、信頼関係が構築できれば、今後仕事のやりとりを行ったり、仕事上の悩みを相談し合えたりといったことにもつながります。フリーランスエンジニアこそ、人との出会いを少し意識的に行うことが重要かと思います。ただし、教育費用以上に時間の確保は難しい状況も考えられます。特に営業等で時間がかかるということであれば、フリーランス求人や案件募集を行っているサイトや企業を有効活用することも一案でしょう。

PV数の多いサブテーマ

ページトップへ

Copyright © 2014 フリーランス必見!募集と採用アドバイス All Rights Reserved.