フリーランス必見!募集と採用アドバイス

IT系フリーランスにとっての人脈は資産!

職種別に見る!フリーランスのお仕事事情

フリーランスエンジニアは人脈が重要

フリーランスエンジニアは人脈が重要 人脈で差をつける!フリーランスエンジニア
エンジニアの仕事は、顧客の指示・依頼を受けて、黙々と作業を行うといったイメージが強く、人脈構築の重要性はそれほど高くないとも思われがちです。しかし、一般的なビジネスマンと同様に、フリーランスエンジニアであっても、人脈がビジネスをうまく進めていく上で重要な要素の1つです。

同業エンジニアとの人脈

フリーランスで活躍するエンジニアにとって、エンジニア同士の横のつながりは必要不可欠です。同業者が集まるセミナーや交流会などに積極的に参加することで、人脈を広げることができます。最新の技術動向やトレンド、ニーズなどに関する情報交換はフリーランスとして刺激になり、アイディアのヒントを得ることもあります。また、技術的な悩みはやはりエンジニア同士でなければ相談できません。意見交換などをすることでスタートアップ協業などの可能性も広がります。

フリーランス同士の人脈

フリーランスの場合、仕事の概況や営業方策、フリーランスの求人や案件募集を行っているサービスの活用概況、確定申告や節税対策などの税務情報、その他各種手続きなど、フリーランス特有の情報交換の場も必要です。その場限りで終わらず、定期的にやりとりが続き、お互いの信頼関係が構築できれば、業務について相談したり、あるいは業務を委託したりということにもつながるでしょう。

専門家との人脈

フリーランスとして働く上では税理士や行政書士など、専門家の力が必要となるケースもあります。
例えば、セミナーに参加した場合、セミナー講師も人脈構築の対象として意識してみましょう。セミナー終了後、名刺交換した際に、当日の感想とともにその時点で困っていることや助言がほしいことなど、ざっくばらんに聞いてみるということも1つの方法です。講師からその場で直接アドバイスがもらえることもあるでしょうし、より詳しい専門家の方や専門書をご紹介いただくということにもつながることも考えられます。もちろん、講師は多忙な方も多いでしょうから、これですぐに講師と人脈が構築できるというわけではないでしょうが、一つのきっかけになる可能性はあります。

顧客や顧客ユーザーの所属業界との人脈

もう一つの項目として、自分の顧客の所属業界、あるいは顧客が提供しているシステム等のユーザーの所属業界の方との人脈構築もあります。自分が顧客に提供しているサービスの営業先確保ということもありますが、重要なことはその業界の動向、問題・課題、各社の取組等を知り、顧客に新たなサービス等を提案していけるような土台をつくっていくということです。営業目的となると、それ以上深い関係を構築しづらい面も出てきますが、純粋に情報を知りたい、勉強したいという思いが伝われば、協力してくれる方も少なくないと思います。その際、その業界団体が行っているセミナーや交流会に参加することが考えられます。特に、その事業を活用する中で業界団体の職員との人脈も構築できれば、相談に乗ってもらえたり、情報を持っていそうな企業の方をご紹介してもらえたりということも考えられます。

人を引き付ける対外的な活動

ここまでは、自分が人脈構築のために動くという視点で整理してきましたが、別の方向性として、対外的な活動を通じて自分自身を売り出すということも考えられます。たとえば、自分自身、あるいは顧客と連携した優れた取り組みを行政や団体等が実施している表彰制度に応募するということが考えられます。表彰を受ければ、業界紙等にも取り上げられ多くの人に関心を持ってもらえるということです。もちろん、表彰制度だけではなく、講師を行う、書籍を出版するといったような活動でも類似の効果が得られるかもしれません。

PV数の多いサブテーマ

ページトップへ

Copyright © 2014 フリーランス必見!募集と採用アドバイス All Rights Reserved.