フリーランス必見!募集と採用アドバイス

フリーランスのエンジニア募集案件を獲得する営業方法

職種別に見る!フリーランスのお仕事事情

活躍するフリーエンジニアの営業法

活躍するフリーエンジニアの営業法 フリーランスエンジニアには営業スキルが必要
フリーランスになったエンジニアは、これまで上から仕事を与えられてきた社員とは違い、自分で自分を売り込む営業をしなくてはなりません。とはいっても、営業職でなくエンジニアとしてキャリアを積んできたわけですし、急に営業と言われても人脈もノウハウも無く、フリーランスへの転向は難しいと思う方が多いでしょう。

フリーエンジニアの営業方法

フリーランスのエンジニアはどうやって営業していけばいいのでしょうか。まず最初は、どうやってエンジニアを必要としている相手を見つけるかで悩むと思います。知り合いの”つて”で仕事が無いか探すのもいいでしょう。ですが、営業マンと比べて、エンジニアはそれほど多くの人脈を持っていないこともあります。そこでフリーランス専門のエージェントを利用することをおすすめします。エージェントは、エンジニアを募集している企業を探し、フリーランスエンジニアと企業との間に立って手助けをしてくれます。
フリーランスエンジニアのためのエージェントでは、フリーランスのエンジニアと企業の良い取引をサポートします。特にフリーランスエンジニアがつまづきやすい、営業について心強い味方となってくれるのです。最初のエンジニアを募集している企業探し、これをエージェントのコーディネーターが行ってくれます。エンジニアはカウンセリングで希望を伝えれば良く、この部分の営業はすべてコーディネーターが担当してくれるのです。次の自分の技術の売り込みですが、これもコーディネーターが手助けをしてくれます。企業との面談にもコーディネーターが同行し、緊張して上手く喋れなかった場合にも、コーディネーターがフォローし、エンジニアの魅力を企業に伝えてくれるのです。エージェントを利用することは、フリーランスエンジニアの悩みの多くの部分に手助けをしてくれます。

参画条件においては、弊社コーディネーターがクライアント先としっかり交渉しますので、ご希望条件・単金・参画スタート日などを遠慮なくお伝えください。

公式:レバテックフリーランスへ
公式:レバテックフリーランスへ

このレバテックフリーランスでは、専門のコーディネーターが参画先の企業との交渉をすべて行ってくれます。希望を余すことなくコーディネーターに伝えきりましょう。

企業が求めるポイント

企業の求める人材へと、気長にスキルアップできる正社員と違って、フリーランスエンジニアに求められるのは即戦力です。そのため企業は、たとえ人材不足ですぐにでもエンジニアと契約したい状況でも、しっかりと求める人材かを見極めます。このとき企業が注意する点として、3つの要素があります。
1つ目は人柄。新しい人材を職場に投入する上で、雰囲気が悪くなり全体の作業能率が下がることを企業は嫌います。一緒に仕事をしたい!、と企業に思わせなくてはなりません。2つ目は条件。フリーランスと企業エンジニアの違うは、この条件を自由に設定できるかです。自分の能力をいくらで売るのか、それを決められるのがフリーランスエンジニアの良さではありますが、その条件で相手が買ってくれるのかをよく考えて決めなくてはなりません。3つ目は過去の実績。担当者と直接面識がなくても、その企業で過去仕事をし、良い評価を得られていれば、次の仕事もスムーズにつながるでしょう。そういうケースは、すんなり採用が決まりますし、条件も有利になります。

PV数の多いサブテーマ

ページトップへ

Copyright © 2014 フリーランス必見!募集と採用アドバイス All Rights Reserved.