フリーランス必見!募集と採用アドバイス

フリーランスとして活躍するエンジニアを目指そう!

職種別に見る!フリーランスのお仕事事情

活躍するフリーランスのエンジニアになるには

活躍するフリーランスのエンジニアになるには

人手不足が続くIT業界こそ、プログラマやシステムエンジニアがフリーランスとして独立するべきでしょう。スキルにも得意分野にも個人差があるIT系エンジニアは、アピールポイントさえあれば高単価案件を獲得するチャンスは多々あります。フリーランスエンジニアとして活躍し続けるためには、時代のニーズやトレンドに乗り遅れないスキルアップと、自ら仕事を獲得する力を身につけることが大きなポイントです。

活躍するフリーランスのエンジニアになるには の記事一覧

フリーランスエンジニアは人脈が重要

フリーランスエンジニアは人脈が重要

ライバルに差をつけて活躍するフリーランスエンジニアになるためには、人脈構築は重要な要素を占めます。仕事を直接発注してもらえるクライアントになりうる人との人脈も必要かもしれませんが、むしろ同業者であるエンジニアとの横の人脈、フリーランス同士の人脈、顧客や顧客のユーザーの所属業界との人脈構築など、情報交換ができる人脈が資産になります。会社員であれば壁にぶつかってもすぐ隣に同僚がいますが、フリーランスエンジニアは孤独です。技術的な分野で情報交換をできるエンジニア仲間、節税対策、案件情報などフリーランスならではの情報交換ができるフリーランス仲間などが必要不可欠な存在となります。

フリーランスのエンジニアとして成長するために

フリーランスのエンジニアとして成長するために

成長し続けるフリーランスエンジニアとして意識すべき必須課題は「自己投資」と「自己管理」です。エンジニアとしての商品価値を高めるためにはスキルアップの費用と時間を確保しなければなりません。特に、上級エンジニアは、専門技術にとどまらず少し幅広い領域を視野にいれた情報収集、さらにはコンサルタントに向けた専門知識等の習得も考えられます。ただでさえ忙しいフリーランスエンジニアですが自己投資は必須です。そのための時間をいかに確保し創出するか、知恵を絞りましょう。

活躍するフリーエンジニアの営業法

活躍するフリーエンジニアの営業法

フリーランスエンジニアは、自分で自分に合った条件を決められ、自由に仕事をすることができます。ですが、その分自分を売り込む必要があり、営業力も必要となります。営業力はフリーランスとして仕事を続けていれば自然と身につくかもしれませんが、スタート時は自信がないのが自然です。そこで、フリーランスエンジニア専用のエージェントを利用することで、不安な営業を手助けしてもらい、より良い企業との取引を求めることができます。エージェントのコーディネーターは、カウンセリングによってエンジニアのスキルや特徴を掴み、募集している企業へ売り込み、企業との面談にも同行してくれる心強い味方となってくれるのです。

PV数の多いサブテーマ

ページトップへ

Copyright © 2014 フリーランス必見!募集と採用アドバイス All Rights Reserved.