フリーランス必見!募集と採用アドバイス

短期的な変動への対応を行いつつ長期の安定を目指す。フリーランスは長期的に物事を考えるべき

職種別に見る!フリーランスのお仕事事情

フリーランスは長期的に物事を考えるべき

フリーランスは長期的に物事を考えるべき フリーランスの今後

これからのフリーランスのあり方について考えてみたいと思います。今の状況を考えると正社員の方も安穏とはしておられず、副業のような形でフリーランスとして仕事をしている方と仕事の取り合いをしているような状況と思います。テレビでもフリーランスとして働く方々に脚光があたり、いやがおうでも関心は高まるばかり。今の会社の待遇に不満のある人や会社の将来が不安な人、あるいは自分のやりたいことのために退社して本格的にフリーランスをはじめようと思っている人、そんな方々は潜在的には相当数いると思いますし、そういう方はこれからライバルとして増えてくるでしょう。ライバルに負けないためにも今働いている方々は自らの今後の指針を持っておくべきでしょう。

細かなニーズの変動を見逃さない

まずフリーランスで働く以上は短期的な変動というものに敏感になる必要があります。どんな業界にも儲かる時期と儲からない時期はあると思いますが、フリーランスで働く場合自分が得意とする分野において今何が必要とされているかを把握しておき、それに対応できるような注力の仕方をせねばなりません。場合によっては全く畑違いなことでも学ぶ必要が出てくるかもしれません。もし安定して稼ぎたいのであれば常に目を光らせて正社員と同様安穏としないことです。今稼げているフリーランスの方はまだ需要のあることが広く認知される前に動き出した方々でしょう。短期的な変化に鈍感であればあるだけあなたの収入は減ると言っても過言ではありません。

短期的変化にばかり気をとられない。長期的なプランがあればこそ

先に書いたことと矛盾するようですが、これは非常に大事なことです。フリーランスで働くということは、常にあなた自身をセルフプロデュースするということでもあります。先ほどは畑違いの仕事でも学ぶ必要があると述べましたし、それが事実である場合も少なからずありますが、目先の利益だけ追っていては自分の強みが無くなってしまいます。節操の無いスキルの塊になるのではなく、あくまで自分が活躍したい分野に将来関わってくるかもしれないスキルを軸に学んでいく、言い換えれば将来自分が活動する分野に訪れる、顧客を掴む大きなチャンスを逃さないために普段からアンテナを張っている必要がある、ということです。

フリーランスになることを決意した時の情熱を忘れない

ここまで書いて来たことは、きっとフリーランスに成りたての人には当然のことに聞こえるでしょう。常に持っているべき心構えとは得てして当然のことなのでしょう。フリーで仕事をすると決意したころは緊張感もあり、また何をしていいのか手探りであったために需要の高い仕事は何なのかと試行錯誤していたと思いますし、正社員を辞めて始めた方はとくに強い情熱に支えられていたと思います。しかし慣れと安定は気の緩みを生みます。ライバルが押し寄せてきていることを忘れずに、短期的な変化に鋭敏になりながらも長期的な視点を持って仕事をしましょう。

PV数の多いサブテーマ

ページトップへ

Copyright © 2014 フリーランス必見!募集と採用アドバイス All Rights Reserved.