フリーランス必見!募集と採用アドバイス

明暗は仕事の当てがあるかないか。フリーランスとしての生活

職種別に見る!フリーランスのお仕事事情

フリーランスの明暗を分けるポイント

フリーランスの明暗を分けるポイント フリーランスの収入には波がある

フリーランスとして働いていると、先月までは約10万円だった売り上げが、急に50万円以上に増えて自分で驚いたりすることも少なくありません。ある日突然スキルがあがることはないので、同じスキルでも仕事をとれるか、とれないかによって、それだけの差が出るということです。その辺りを掘り下げて考えていくと、フリーランスを始めたばかりの人が成功するポイントと失敗するポイントが見えてきます。

仕事の当てがないままフリーランスになると厳しい

フリーランスが成功するか失敗するかの最大のポイントは、フリーランスになった時に仕事の当てがあるかどうかだと思います。仕事の当てがないままにフリーランスとなると確実に苦労します。フリーランスになった時点で、仕事のある人は最初から稼げているし、仕事のない人は結構な苦労をされているようです。フリーランスとして通用するスキルを身につけると同時に、フリーランスである自分に仕事をくれるクライアント、つまり仕事をとるあてをいくつか見つけておくことが重要です。仕事をとる当てがないまま独立した場合は、思いつくありとあらゆることをして、仕事を獲得することになります。フリーランスになってからの方がアクションを起こしやすいというケースもあるかもしれませんが、安定した収入があるうちに、パイプをつくることを考える方が賢明です。

フリーランスになりやすい環境となりづらい環境

フリーランスとしてのスタートダッシュをスムーズにするためにも、独立前から色々と準備を進めることになります。そういう意味では、独立後も元の会社やクライアントから仕事を受けられる会社や、人の流れがスムーズな会社に勤めている場合は、フリーランスになりやすい環境にめぐまれています。逆に、副業自体が禁止の会社や人の流れがスムーズでない会社に勤務している場合はフリーランスになりづらい環境といえるでしょう。

会社員に必要な実力と、フリーランスとして必要な実力

会社員として必要な実力は、担当する業務を遂行するスキルです。与えられた仕事をいかに早く正確に、高い品質で仕上げるかどうか、という力が評価のメインとなることでしょう。しかし、フリーランスに一番必要な実力は、仕事を取って来る力、もしくは仕事を生み出す実力です。仕事が取ってこれないことにはデザイン力も企画力も、アピールしようがなく、そのスキルを収入に結びつけることもできません。まずは仕事を取ってくることです。とった仕事ひとつひとつを高いクオリティで納品することによって、信頼関係を構築して次の仕事につなげていきます。

PV数の多いサブテーマ

ページトップへ

Copyright © 2014 フリーランス必見!募集と採用アドバイス All Rights Reserved.