フリーランス必見!募集と採用アドバイス

進路を見極めるためにフリーランスと起業のポイントをご紹介

職種別に見る!フリーランスのお仕事事情

フリーランスか起業か

フリーランスか起業か フリーランスを選ぶか?起業するか?

フリーランサーか?起業家か?という選択は、悩ましい問題です。選択の鍵は、作業を完遂し、ビジョンを創出し、自らの夢を大きく広げていくために どちらが良いか?です。
フリーランサーも起業家も、上司の下で、指示に従いながら、9時から5時まで作業をこなしていくのではなく旺盛な独立心をもって自ら作業していくという意味では同じです。 
本記事では、フリーランサーと起業家の持つ特定の側面に目を向けた上で、あなたがどちらのタイプなのか、またどちらのキャリアパスを選択すべきかという判断の助けとなることを狙いとしています。

作業の完遂VS.ビジョンの創出

フリーランサーは、一般的には、特定の作業やプロジェクトにかかる時間に基づいて報酬を決め、その作業の完遂をもって報酬を得る人です。
但し、SaaS関連のプロジェクトなどでは、こうした線引きは曖昧なものとなることが多い様です。
一方、起業家は、一般的には、手元の作業やプロジェクトに注力するだけでなく、巨視的な視点から最終的な成長と拡張性が起業家を突き動かす力になっている人です。

手元の作業よりも大きいものを生み出す

フリーランサーは、真に質の高い仕事を顧客に提供し、長期的な視点から顧客の増加から成長に向けた種をまき、安定した収入が長期間続く様な仕事を目指しています。
一方、起業家は、多くの場合、すべてをゼロから創造し、成果物を築き上げ、後に残るものを生み出していきます。起業家は短期的な成果にそれほど重きをおかず、手元の作業よりも大きな将来的な見返りを生み出そうとします。つまり、大きな利益を得た後売却できたり、自らがいなくなった場合でも恒常的に利益を上げ続けられる様なビジネスを生み出します。
つまり、フリーランサーが何かを作り上げ、他者にとっての大きな価値を生み出すのに対して、起業家は何かを作り上げた後で、最終的にそれを売却してしまうものの、このプロセスは単なる特定のプロジェクトというだけでなく、多くの人々の夢を紡ぎ出していきます。

スケーラビリティと拡張性

フリーランサーは、多くの場合、自らの顧客ほとんどに対して、常に質の高い作業を提供し続けようとするため、スケーラビリティと拡張性が二の次となる場合もしばしばあります。結局、フリーランサーにとって重要なのは、自らのスキルセットを常に磨いていくという機会の獲得であり、彼らが注力するスケーラビリティとは自らのスキルセットとポートフォリオを拡大するものだけです。
一方、起業家にとってのスケーラビリティとは、リソースや規模、そしてもちろん売り上げによって夢とビジョンを常に作り出して成長させていくことです。 これは統制権を失い、他者に利する行為ともなるが、作業に煩わされずに、より大きな成長機会をもたらすのです。
一部のフリーランサーは、投資に対する見返りが十分にあるのであれば、自らの作業をしばしば他のフリーランサーにアウトソーシングしようとしますが、キャッシュフロー、および自らとクライアントにとっての利益を追求するための全体的な投資の管理を考えると簡単にはいきません。
一方、起業家も、個人の能力には限りがあるため、このようなギャップすべてを個人で埋めるのはとても困難です。
あなたは、フリーランサーになって、自由な精神でさまざまな顧客のために質の高い作業を日々こなしていきたいのか、それとも、起業家になって、自らのものを作り出す一方で自身の好む独立したライフスタイルを送っていきたいのか どちらでしょうか?

PV数の多いサブテーマ

ページトップへ

Copyright © 2014 フリーランス必見!募集と採用アドバイス All Rights Reserved.